探究派のブログ

反スターリン主義運動を再興しよう!

農林中金理事長は言う。「CLOと同じようなリターンを得られる投資は、なかなかない」、と。これはどういうことか? 農林中金のみならず、CLOへの巨額に上る投資をおこなってきた都市銀行や地方銀行やその他の金融諸機関は、リーマンショック以降もあいもかわ…

松代秀樹編著『コロナ危機との闘い 黒田寛一の営為をうけつぎ反スターリン主義運動の再興を』刊行

松代秀樹編著『コロナ危機との闘い 黒田寛一の営為をうけつぎ反スターリン主義運動の再興を』(プラズマ出版 268ページ 定価 本体2000円+税)を刊行しました。 7月10日発売。 書泉グランデ4階、紀伊國屋書店新宿本店、丸善丸の内本店、ブックファースト新宿…

「資本の過剰」という分析について

新型コロナウイルス感染症の蔓延という社会的状況に規定された現下の経済的現実を、「資本の過剰」にかんする本質論的規定(よりたちいって言えば、産業循環を明らかにするところの・本質論のなかの現実形態論的規定)を適用して分析してよいのか、という質…

ゾンビ資本主義 終わりの始まり――アメリカのシェールオイル大手・チェサピーク破綻の意味

6月28日に、アメリカのシェールオイル大手のチェサピークエナジーが経営破綻した。3月末時点の負債総額は95憶ドル(1兆100億円)にのぼる。法的整理によって約70憶ドルの負債を削減する。つまり、現時点で破産手続きをしても、25億ドル(2,600憶円)の債務不…